今月の一枚


2024年5月

ウガンダ北部アチョリ地域で見たシアの木。

シアの木はアチョリの住民にとって無くてはならない木です。この木から採れるシアの実にはたくさんの油分が含まれていて、その油は化粧品の原材料になったり、食用油としても地域の人達に活用されています。シアの木はウガンダの法律によって伐採することが禁じられており、アチョリではいたる所で見ることができます。

 

撮影者 大野康雄

2024年4月

アンゴラ国南部ウィラ州で採れたいちご。

出張帰りに立ち寄ったガソリンスタンドで車に近づいてきた物売りの頭の上のカゴには、いちごが詰まったバスケットがたくさん載っていました。ウィラ州は、いちごの産地として有名な地域です。標高2,000メートル級の山々が連なるこの地域は、清らかな湧き水と一年を通じて安定した気温が、いちご栽培に理想的な条件を備えているそうです。

撮影者 佐藤千咲

2024年3月

ウガンダ中央部ビクトリア湖岸のマバンバ湿地。

ラムサール条約に登録されている湿地には、野鳥観察に多くの人が訪れます。湿地に9羽しかいないと言われる野生のハシビロコウを奇跡的に間近で見ることができました。ホウキのような形をしたパピルスの茂みの中で、餌になる魚が水面に上がってくるのをしずかに待っているようです。彼らのなかにはどんな速さで時間が流れているのでしょうか。

 

撮影者 吉川祐作


2024年2月

南スーダンの地方都市イエイで見かけた自転車。

イエイは緑豊かで平和な町です。町で見かけた自転車は、どこか遠くの外国から持ち込まれ、大切に使われたのでしょう。とことん手を入れ、修理をして、最後の最後まで使われた様子が伝わってきます。そんなイエイも2017年の内戦で破壊されてしまいました。写真のような日常が戻るようにと願いつつ、南スーダンで活動を続けています。

 

撮影者 芹沢利文


2024年1月

ネパール カリンチョーク村から見えるヒマラヤの風景。

ネパールでは、神々が住むと言われ信仰の対象となっている山が数多くあります。その一つ、標高約3800mのカリンチョーク頂上にある寺からはヒマラヤの風景が望めます。ここでの願いは叶うと信じられており、多くの巡礼者と観光客が訪れます。最近、このような眺めをもつ山々にもロープウェイ等ができており、地域経済の活性化に繋がっています。

 

撮影者 ゴラサイニサンジブ


過去の「今月の一枚」はこちらからご覧ください。

「今月の一枚(2023年)」を見る

「今月の一枚(2022年)」を見る

「今月の一枚(2021年)」を見る

「今月の一枚(2020年)」を見る

「今月の一枚(2019年)」を見る

「今月の一枚(2018年)」を見る

「今月の一枚(2017年)」を見る

「今月の一枚(2016年)」を見る

「今月の一枚(2015年)」を見る