「南三陸を応援する企業の会」での支援活動

宮城県南三陸町では震災発生直後から多くの企業が支援をしてきましたが、企業同士の交流がなく各社がバラバラで活動をしていました。支援の重複や無駄を省き、受け入れ側の負担軽減も図るため、「南三陸を応援する企業の会」として各社が定期的に集まり、情報交換することで活動状況や課題を共有し、より効率的・効果的な支援を推進させていくことになりました。

 

2016年には「Discover the Future 南三陸(通称:DF336)」が立ち上げられ、5社(三井化学、NECソリューションイノベータ、キユーピー、MS&AD、当社)が合同で3日間のフィールドワークを実施しました。南三陸町の方々から歴史・文化、震災の経験と復興の歩みを学び、町の誇りは何か、その回復には何が必要か、そして各社が連携してできることは何かについて議論を重ねました。そして、町の将来像である「森・里・海・ひと・いのちめぐるまち」というキーワードに沿って、各企業の強みを活かしたアイディアを町に提案していくことになりました。

 

2017年にはDF336を「Design the Future 南三陸」へと発展させ、未来共創型アクションを起こすためのフィールドワーク(3日間)を実施しました。特に、林業・漁業に焦点を絞って情報を収集し、フューチャーセッションとして2030年の南三陸の森と海の未来(ビジョン)を描き、町の方々と共有しました。

 

2018年は「Create the Future 南三陸(通称:CF336)」として、これまでのフィールドワークにより生まれたアイディアやプロジェクトを社会価値創造型事業として具現化することを目標としています。現地の人々を中心に連携して、引き続き活動を行う計画です。

 

このような活動を通して、町の課題解決や新たな価値の創造を目指し、町に暮らす人々がワクワクするような未来をともに実現できるように、これからも尽力していきます。