国際協力プロジェクト

JICA ナイジェリア国 連邦首都区における栄養改善能力強化プロジェクト

分野 栄養改善
事業形態 技術協力
期間 2019年2月から2024年2月まで

事業の背景

2歳未満の乳幼児の母親を対象としたフォーカスグループディスカッションの様子

ナイジェリアでは、5歳未満児の慢性的な栄養不良を示す成長阻害の割合が32.9%(132ヶ国中98位)、急性の栄養不良を示す消耗症の割合が7.9%(130ヶ国中93位)(2016年「世界栄養報告」)と高く、深刻な栄養課題を抱えています。

栄養状況の改善にあたって、ナイジェリアでは国家食料栄養政策に基づき、国レベルおよび地方レベルで省庁横断的な食料・栄養委員会が設置されていますが、それが集落レベルにおける包括的かつ実践的な活動に繋がっていません。ナイジェリア政府はこうした状況に加えて、連邦首都区において集落レベルのスタッフの能力を強化すべく、日本政府に技術協カプロジェクトを要請しました。この要請に基づいて、JICAは2017年9月に詳細計画策定調査を行いました。調査の結果を基に、ナイジェリア連邦首都区政府関係者と協議し、「連邦首都区における栄養改善能力強化プロジェクト」の枠組みが決定されました。

 


基本方針

ターゲットグループメンバーが栄養研修で3色食品群毎に食材カードを分けている様子

『3分野からの介入を軸に、食を通じた栄養改善に取り組む』

栄養課題の背景には、栄養に関する知識の不足、衛生観念の欠如、栽培する農作物の選択、農産物の生産量と栽培技術、家計管理や食料備蓄管理の計画性やノウハウの不足など複合的な要因があります。そこで当プロジェクトでは、「栄養・保健衛生」、「農業」、「生活改善」の3分野に基づいたアプローチ方法を構築し、主に妊産婦、2歳未満の乳幼児とその母親がいる世帯の食事の質と量の向上や、接種する食事の種類の多様化に取り組んでいます。また、パイロットサイト全体の住民にも栄養課題の改善を目指した活動を行っています。

 

『マルチセクター体制の整備』

上記の複合的な要因に対応するためには、関係者間の連携が鍵となります。しかし、上記3分野はそれぞれに異なる省庁の管轄であるため、協働していくのが難しい状況です。そこで、当プロジェクトがマルチセクターによる活動実施体制を整備し、異なる省庁関係者による連携の仕組みの確立に取り組んでいます。

 


主な活動

第1期(2019年2月~2021年1月)は、プロジェクトの活動対象の村を3村選定し、それぞれ夫婦20組の農家に対して「栄養・保健衛生」、「農業」、「生活改善」の3分野の研修を実施しました。

 

「栄養・保健衛生」の研修では、食品群、妊婦・授乳婦に必要な栄養、完全母乳育児、補完食、下痢の原因と予防等のテーマを扱い、栄養の重要性や栄養の高い食事にするためのレシピ等を伝えています。研修では、学んだ知識が生活の中での実践に繋がるよう工夫しています。例えば、日々の食事を記録することで不足している食品群に気付くための演習や、栄養のバランスをよくするために家族でできることを夫婦で話し合う演習をしています。

 

「農業」の研修では、栽培計画、耕起、播種、病害虫の対策、市場調査等のテーマを扱い、収量・収入を増やして栄養価の高いものを購入する、あるいは栄養価の高いものを自分自身で栽培するための技術を伝えています。サイト毎にデモ圃場を設置し、栽培実習(大豆、ササゲ、アマランサス、ジュート、ウグ、オクラ)を行ったり、レプリカ圃場を設置し、研修で学んだ技術の実践に取り組んだりもしました。

 

「生活改善」の研修では、食品加工、収穫後処理・保管、貯蓄・備蓄管理、ジェンダー等のテーマを扱い、栽培した収穫物やそこから得た収入を適切に活用するために演習をしています。例えば、ジェンダーの研修では、乳幼児の成長や妊婦・授乳中の女性に配慮した食事を考える、家族全員が必要な栄養を摂れるように家庭内の食事の配分を見直すなど、実際の生活の中で栄養に関わる様々な場面を想定し、家庭内でどのように改善したらよいか話し合ってもらいました。

 

第2期(2021年3月~2022年2月)では、第1期で研修を受けた住民に対して、継続的に3分野の研修や栽培実習を行い、更なる知識や技術の定着を図っています。また、第1期に研修の参加率や圃場での栽培実績が良かった住民をリーダーとし、新たに選出された住民に知識や技術を共有してもらっています。他にも、地域ならではの実践例を共有するなど、栄養改善に繋がる知識や行動がパイロットサイトの住民全体に広まっていくよう、普及活動を行っていく予定です。プロジェクトスタッフやカウンターパートと協議し、住民の声を聞くことで、地域の実情に合った効果の高い研修内容に発展させていきます。

 

(2021年8月現在) 

 

市場調査の様子

オクラの収穫の様子(アングワン・バッサ村のデモ圃場)

調理実習の様子

~JICAのWebサイトでの紹介~

 

→『ODA見える化サイト』はこちら(外部リンク)

→『mundi』2020年1月号(プロジェクトの紹介)はこちら(外部リンク)

 


 

コンサルタントの想い

事業部マネージャー

園山英毅

プロジェクトの目的はナイジェリアの子どもや女性たちの栄養状態を「食の改善」を通じて改善することですが、現地の人々に単に栄養や食事について学ぶ機会を提供するだけでは十分な効果を期待することはできません。

多くの場合、栄養問題の背景には「栄養のある食事をとりたくても食材となる作物を畑で十分に栽培できない」「収入や家計管理が十分でなくマーケットで食材を買うことができない」「不衛生な環境で下痢や病気にかかり、食事が摂れない」「妊娠中や乳幼児期の食事への配慮に関する夫や家族の理解が足りない」といった、より複雑で多面的な問題が隠れています。だからこそ、それに包括的に対応する「マルチセクター」の支援が必要とされているわけです。

簡単な取り組みではありませんが、マルチセクターチームのメンバーとして現地の農業局や保健局から集められた職員や普及員の人たちは意欲的で、互いに助け合いながら現場での活動に熱心に取り組んでいます。彼らとともに知恵を絞り、粘り強く工夫を重ねながら、問題解決につながる支援を実現したいと思います。