研修、講師派遣 <大学>

株式会社JINが大学で行った、研修やセミナー、ワークショップ及び講師派遣のご紹介です。

 


同志社大学 政策学部ゼミ

■実施日:2019年5月18日 ■場所:同志社大学 ■主催:政策学部/岡本由美子ゼミ

同志社大学政策学部の3年生を対象に、コンサルタントの山下と今榮、スタッフの安彦がPCM(プロジェクト・サイクル・マネジメント)研修を行いました。

今夏予定しているウガンダでのフィールドワークでは、弊社が実施中の「ウガンダ国北部ウガンダ生計向上支援プロジェクト」やエコツーリズムに関する取り組みを視察します。今回の研修はその準備としてPCM手法の予行演習をしておくこと、現地の状況をより深く考える機会を持つことを目的とし、PCMの概要・分析手法の説明・演習等を行いました。演習では2グループに分かれ、同プロジェクトを事例とした問題分析に取り組みました。

問題分析演習をファシリテートする今榮

 


同志社大学 政策学部

■実施日:2019年1月11日 ■場所:同志社大学 ■主催:政策学部/岡本由美子ゼミ

同志社大学政策学部の2年生を対象に、コンサルタントの山下が開発コンサルタントの仕事について講義を行いました。自身の国際協力の原点やコンサルタントを目指した理由、途上国の現場での仕事内容をウガンダで実施中のプロジェクト事例を交えながら紹介しました。さらに、2019年夏に予定しているウガンダでのフィールドワークの内容やスケジュール案について説明をし、参加者から様々なフィードバックを得ました。同大学に留学中のウガンダ人学生も参加し、ウガンダの生活や文化についても学べる機会となりました。

 


慶應義塾大学 法学部 杉木明子研究会

■実施日:2018年10月23日 ■場所:慶應義塾大学 ■主催:杉木明子研究会

慶應義塾大学法学部の杉木明子研究会の学生を対象に、コンサルタントの中西が、政府開発援助と開発コンサルタントの業務について、また、弊社が実施中の「ウガンダ国北部ウガンダ生計向上支援プロジェクト」に関する講義・プレゼンテーションを行いました。同プロジェクトを事例としたPCM(プロジェクト・サイクル・マネジメント)研修では、PCM手法の概要と実施方法について説明し、関係者分析や問題分析演習を行いました。演習では、コンサルタントの園山と内田が2グループに分かれた参加者たちのディスカッションをファシリテートしました。

問題分析演習をファシリテートする内田

 


中央大学 経済学部

■実施日:2018年7月10日 ■場所:中央大学 ■主催:経済学部/林光洋ゼミ

中央大学経済学部で、コンサルタントの中西が、弊社が実施中の「北部ウガンダ生計向上支援プロジェクト」の内容や活動を通じて得た学び、国際協力において求められる姿勢や重要な視点をテーマに国際関係論の講義を行いました。

また、講義の後に林光洋教授のゼミに参加しました。ゼミの3・4年生が4班に分かれてそれぞれ異なるテーマに関して情報収集や現地調査の準備を行っており、それらの調査内容についてコメントや意見交換をしました。

 


同志社大学 政策学部ゼミ

■実施日:2018年5月19日 ■場所:同志社大学 ■主催:政策学部/岡本由美子ゼミ

同志社大学政策学部の3年生を対象に、コンサルタントの山下と園山、スタッフの安彦がPCM(プロジェクト・サイクル・マネジメント)研修を行いました。

PCMの概要と分析手法を説明後、弊社が実施中の「ウガンダ国北部ウガンダ生計向上支援プロジェクト」を事例として問題分析に取り組みました。今夏フィールドワークの一環として同プロジェクトを視察する予定のため、問題分析を通して現地の人々が抱える問題や課題などを体系的に考えていただきました。

ファシリテーターとして問題分析の演習を行う園山

 


同志社大学 政策学会講演会

■実施日:2018年1月11日 ■場所:同志社大学 ■主催:政策学会

同志社大学政策学部の学生ならびに一般参加者を対象に、代表取締役の大野がスポーツを通じた平和構築(南スーダン国の例)について講演を行いました。

これまで南スーダン国で2回実施された「国民結束の日(全国スポーツ大会)」の事例を用いながら、スポーツ事業はどのように平和構築に貢献するのかを説明しました。また、2018年1月下旬から南スーダン国で実施される「第3回国民結束の日」に向けての取り組みもお話ししました。

 


同志社大学 政策学部ゼミ

■実施日:2017年5月20日 ■場所:同志社大学 ■主催:政策学部/岡本由美子ゼミ

同志社大学政策学部の3年生を対象に、コンサルタントの山下が、PCM(プロジェクト・サイクル・マネジメント)研修を行いました。

今夏にフィールドワークとして、弊社が実施中の「北部ウガンダ生計向上支援プロジェクト」を視察するため、冒頭にプロジェクトについての質疑応答を行いました。その後、PCMの概要と分析手法について講義し、同プロジェクトを事例とした問題分析のグループ演習を通して、フィールドワークの事前準備をしていただきました。

 


同志社大学 政策学部ゼミ

■実施日:2016年5月21日 ■場所:同志社大学 ■主催:政策学部/岡本由美子ゼミ

問題分析の演習中、学生と議論する山下

同志社大学政策学部の3年生を対象に、コンサルタントの山下が、PCM(プロジェクト・サイクル・マネジメント)研修を行いました。

PCMの概要や手順などの基礎知識を理解することからはじめて、ウガンダ国で実施された湿地における参加型資源管理プロジェクトを事例にして、関係者分析と問題分析を体験していただきました。さらに、今夏にミャンマー国等でフィールドワークを実施する学生の方々には、参加型ワークショップのプロセスやポイントなどの、より実践的な知識を身につけていただきました。

 


大阪大学 人間科学研究科

■実施日:2016年5月12日 ■場所:大阪大学 ■主催:人間科学研究科

大阪大学人間科学研究科の3・4年生ならびに院生を対象に、代表取締役の大野が、「南スーダンにおけるスポーツを通じた平和構築」をテーマに講義を行いました。

主要参加者が学部生ということで、テーマ以外にも、開発コンサルタントの業務内容や途上国を見る視点、途上国の方々に接する態度、人の立場に立って物事を見る重要性と就職活動の関係性、卒業論文作成プロセスと途上国での仕事の類似性、国際協力に対する思いなどを講演しました。


同志社大学 政策学部ゼミ

■実施日:2015年11月18日 ■場所:同志社大学 ■主催:政策学部/岡本由美子ゼミ

同志社大学政策学部の2年生を対象に、コンサルタントの山下が、「国際協力の仕事ー開発コンサルタントとは」をテーマに講義を行いました。

自身の国際協力の原点、コンサルタントを目指したきっかけ、コンサルタントの仕事内容ややりがい、コンサルタントに求められる資質、国際協力に対する思いなどを現場のプロジェクト事例を交えて講演し、活発に議論を行いました。

 

 


同志社大学 政策学部ゼミ

■実施日:2015年6月13日 ■場所:同志社大学 ■主催:政策学部/岡本由美子ゼミ

同志社大学政策学部の3年生を対象に、コンサルタントの山下が、PCM(プロジェクト・サイクル・マネジメント)研修を行いました。

前半では、国際協力の仕事の中でも特に開発コンサルタントの仕事内容を紹介した後、プロジェクトの計画立案・モニタリング・評価手法の1つとしてPCMの概要と手順を説明しました。後半では、ウガンダ国の湿地における参加型資源管理を事例に、関係者分析と問題分析を行い、参加型ワークショップの進め方を体感していただきました。


同志社大学 政策学部ゼミ

■実施日:2014年5月24日 ■場所:同志社大学 ■主催:政策学部/岡本由美子ゼミ

参加型ワークショップの様子

同志社大学政策学部の3年生を対象に、コンサルタントの山下が、PCM(プロジェクト・サイクル・マネジメント)研修を行いました。

今夏フィールドワークを予定しているミャンマーのバガン近郊の村を事例に、エコツーリズム・環境・農業班に分かれて、関係者分析と問題分析を行い、参加型ワークショップの面白さと問題を整理・分析する難しさを体感していただきました。

 

 


同志社大学 政策学部ゼミ

■実施日:2013年12月11日 ■場所:同志社大学 ■主催:政策学部/岡本由美子ゼミ

同志社大学政策学部の2年生を対象に、コンサルタントの山下が、「私の国際協力」をテーマに講義を行いました。

コンサルタントを目指したきっかけ、コンサルタントの仕事内容、国際協力に対する思い・葛藤などをウガンダやフィリピンの事例を交えて講演し、活発に議論を行いました。

 

 


名古屋大学 オープンフォーラム

「世界で活躍できるグローバル農学人材の育成に向けた大学の取組みの方向性

 -多様なキャリアパスの開拓に向けた現状と課題-」

■開催日時:2013年10月29日(火) 13:30  ■場所:名古屋大学 農学国際教育協力研究センター

 

名古屋大学農学国際教育協力研究センターが主催するオープンフォーラムにて、代表取締役の大野が、「新しいカタチの国際協力を目指して」と題して、講演を行いました。また、講演後のパネルディスカッションでは、大学や国際機関、JICAの関係者とともに、今後大学が取り組むべき課題につき、提言を行いました。

→当日の様子と総合討論発言集は、こちらをご覧ください。(外部リンク)

 


名古屋大学 生物資源管理プロジェクト論公開講座

■実施日:2013年1月16日 ■場所:名古屋大学 ■主催:名古屋大学国際環境人材育成プログラム

名古屋大学主催の生物資源管理プロジェクト論の公開講座にて、代表取締役社長の大野とコンサルタントの山下が、大学院留学生の方々を対象に、「村人による小流域管理(ミンダナオ島JICAプロジェクトから)」と「ウガンダ電力セクターでの環境社会評価」について、現場での経験に基づいた講義を行いました。

 

 

 


名古屋大学 生物資源管理プロジェクト論公開講座

■実施日:2011年12月21日 ■場所:名古屋大学 ■主催:名古屋大学国際環境人材育成プログラム

名古屋大学主催の公開講座にて、代表取締役社長の大野とコンサルタントの山下が、留学生の方々を対象に、「村人による小流域管理(ミンダナオ島JICAプロジェクトから)」と題して、開発援助の現場での経験に基づいた講義を行いました。